故郷

Front Cover
平凡社, 2017 - 553 pages
0 Reviews
貧しさの根本原因に目覚めていく小作農たち―植民地時代の荒廃する農村にあって、たくましく生きる小作人群像とその家族たち、そして若い男女の心の葛藤を、朝鮮の風土を織り交ぜながら描く。朝鮮プロレタリア文学の代表作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information