社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」

Front Cover
岩波書店, 1998 - 358 pages
今世紀初頭、社会科学に巨大な業績をのこしたヴェーバーが、社会科学の方法論について論じた記念碑的論文(1904)。認識理想としての「価値自由」と方法概念としての「理念型」を定式化し、後世に大きな影響を与えた。本文の理解を助けるための付録3篇、詳細な解説・注、索引を付す。旧版『社会科学方法論』の補訳新版。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information