津軽

Front Cover
Orionbooks, 1978 - 198 pages

「なぜ旅に出るの?」「苦しいからさ」太宰治の自伝的小説。出版社からの依頼で幼少期を過ごした青森県津軽地方を旅する。思い出を交え当時の世相や風景歴史的な考察をしながら旅する。行く先々で大酒を飲む太宰の姿が痛快。真面目にその町の歴史やエピソードを語りながら、実家や親戚、兄弟とのやりとりの中に太宰の心情、原点がしのばれる。そして幼少の頃、育ててもらった「たけ」との感動の再会。

 

What people are saying - Write a review

津軽 (新潮文庫)のBebeCherieさんの感想・レビュー

User Review  - BebeCherie - 読書メーター

This reminded me his "富嶽百景”. The last part, meeting his old nanny was best in this story. Read full review

Review: 津軽 (新潮文庫)

User Review  - flounder532002 - Booklog

09.7.21 Read full review

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information