戦後日本の地方議会: 1955~2008

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2010 - Chihō gikai-Rekishi / jlabsh/4 - 310 pages
都道府県議会の実態はいかなるものか。戦後50余年に及ぶ期間を対象にした膨大な資料・データに基づいた本書では、従来の研究では看過されてきた都道府県議会のフォーマルな政策的影響力を検証している。また、日本政治において地方議員が果たしてきたいくつかの重要な役割も明らかにした。彼らはなぜ国会の第一の人材供給源となりえたのか、また自民党一党優位制存続の理由を地方議員の視角から解明する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information