粘葉本和漢朗詠集(かな)

Front Cover
大石隆子
二玄社, 2009 - 78 pages
粘葉本和漢朗詠集の和歌二百十六首、六千六百余字の中から、その典型的なかなをこの巻にしたがって配列した。「いろは」単体四十八文字を半紙六字大に拡大。その各々に骨法を示し、かなの基本用筆と単体の構成法について解説。「連綿」の部では連綿手法によって分類し、二字連綿から五字連綿まで、その代表的な百二例を掲載。「墨継ぎ・配合手法」の上で代表的な二十首を選び、歌一首を半紙四行に拡大するもの、歌一首を三行とし半紙に二首の構成とするもの、原形を原寸のまま掲載するものの順に解説した。単体かな手本に九等分割の朱線を施している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information