科学技術と公共性

Front Cover
佐々木毅, 金泰昌
東京大学出版会, 2002 - Science and state - 350 pages
20世紀における科学技術の飛躍的発展は、人類に多大な恩恵をもたらした反面、さまざまな点で人類の滅亡の危機の恐れも抱かせる。人類はその存続のために科学技術をコントロールできるだろうか。公共性の観点から、科学技術の公私問題と求められる倫理を考える。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information