海難論

Front Cover
成山堂書店, 2007 - 402 pages
数理的な図表を多く用いて、海難の原因を科学的に把握。本質論と対策論でまとめ、漂流に関する研究と、船の発航前に最も頭をなやます問題のうち、予備炭と空船航海の吃水に関する研究を加えた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information