非線形構造力学: 構造物の多軸挙動と塑性論

Front Cover
数理工学社, 2002 - 270 pages
構造物の多軸非線形挙動と塑性論とのアナロジーが理解できる。構造物の力学の面白さが再認識できる。塑性論の意味がよくわかる。アナロジーにもとづく塑性論の利用範囲が広がる。全内容が簡単な式展開と手計算で追跡できる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information