ドイツ・ユダヤ思想の光芒

Front Cover
岩波書店, 2015 - Jewish philosophers - 270 pages
アテネとエルサレム―人間理性と神の啓示を象徴する二つの都市のはざまで、近代ヨーロッパ思想史とは異なる道をたどったドイツ・ユダヤ思想。スピノザ、ニーチェ、ブルクハルトが用意した舞台のうえで、コーエン、ブーバー、ローゼンツヴァイク、シュトラウス、ショーレムたちの系譜が照らし出される。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information