新・完訳精神診断学: 付形態解釈実験の活用

Front Cover
金子書房, 1998 - Psychoanalysis - 321 pages
同書は、ロールシャッハ・テストのオリジンである。ロールシャッハ・テストは、これまでに世界中の膨大な数の研究者によって、おおいに発展させられてきた。しかし基本的構想は、創案者であるヘルマン・ロールシャッハによって打ち出されたものがほぼそのまま受け継がれてきたと言える。それゆえに、われわれロールシャッハ・テストを習得する者にとって、テストの源泉に赴き、種々の概念の誕生の現場に立ち会うことは、きわめて興味深いことであるし、また必要なことである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information