谷崎潤一郎全集, Volume 18

Front Cover
中央公論新社, 2016 - 609 pages
文豪が長年の経験から割り出した、文章を書くときの心得と、その技術を惜しみなく披露した「文章読本」、戦国時代に題材をとった「聞書抄」、猫に嫉妬する妻と元妻、そして女より猫がかわいくてたまらない男が繰り広げる心理コメディの傑作「猫と庄造と二人のをんな」ほか、昭和十年前後の作品を収載する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information