セピア色の回想録: 杉原爽香49歳の春

Front Cover
光文社, 2022 - 320 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
大富豪・三田村朋哉は、孫娘の奈美に、遺産を渡したい人物として杉原爽香の名前を挙げる。以前、助けられたことがあるらしいが、爽香にはさっぱり覚えがない。一方、娘の珠実は中学一年に。放課後に担任・里谷美穂の手伝いをしたおり、コピー機に忘れられた書類に気付き、里谷に預ける。だがその夜、里谷から不可解な内容のメールが届き、彼女は襲われてしまう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information