商売繁昌: 江戸文学と稼業

Front Cover
国文学研究資料館
臨川書店, Mar 10, 1999 - Japan - 228 pages
ベストセラーや重板事件に見る出版事情、小咄の特色とその中にあらわれる商人像、様斬を家業とする山田浅右衛門、歌舞伎興行の宣伝活動、俳諧師たちの仕事と収入...。江戸の文学・文化を「商売」という観点からとらえる五編を収録。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information