高齢期と社会的不平等

Front Cover
平岡公一
東京大学出版会, 2001 - Older people - 234 pages
本書は、編者が研究代表者となって科学研究費補助金による助成を受けて1996年に東京都区部において実施した高齢者調査のデータを用いて、高齢期の生活諸領域における社会的不平等の実態を明らかにするとともに、加齢過程におけるその形成のメカニズムを、累積的有利と累積的不利という視角から分析し、さらに、その分析結果に基づいて、高齢期における貧困・低所得と社会的不平等の問題への政策的対応のあり方、あよびその問題に関する研究の今後の課題を検討したものである。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information