「むなしさ」の味わい方

Front Cover
岩波書店, 2024 - Language Arts & Disciplines - 208 pages
自分の人生に意味はあるのか、自分に存在価値はあるのか...。誰にでも訪れる「むなしさ」。便利さや快適さを追求する現代では、その感覚は無駄とされてしまう。しかし、ため息をつきながらも、それを味わうことができれば、心はもっと豊かになるかもしれない。「心の空洞」の正体を探り、それとともにどう生きるかを考える。

Bibliographic information