木村重信著作集, Volume 5

Front Cover
思文閣出版, 2002 - Art - 534 pages
わが国の学問は和・漢・洋に著しく偏しているが、美術史学も同様である。従って世界美術史を体系的に扱った書物はなく、世界美術全集も和・漢・洋に片寄っている。また、農耕民の美術が主であって、牧畜民や狩猟民の美術は従属的に取り扱われ、絵画や彫刻にくらべて工芸などの生活美術が軽視されている。このような偏向を修正したのが本巻である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information