朝鮮朝後期の社会と思想

Front Cover
川原秀城
勉誠出版, Feb 21, 2015 - Korea - 198 pages
一五九二年(朝鮮・宣祖二十五年)の豊臣秀吉による朝鮮出兵、一六二七年(仁祖五年)、一六三六年(同十四年)の二度にわたる後金(清)軍の朝鮮侵攻―この倭乱・胡乱の戦禍は大きく、朝鮮社会に変容を迫るものであった。朝鮮史・東アジア史の画期たる朝鮮朝後期を多角的に検証し、政治・経済・対外関係などの動向、それらの変容と展開の底流に流れる思想的背景を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information