越境する歴史認識: ヨーロッパにおける「公共史」の試み

Front Cover
剣持久木
岩波書店, 2018 - 208 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「慰安婦」問題をはじめ、国内外で歴史認識をめぐる分断が絶え間なく生じ続けるなか、歴史学はどのように現実にコミットしうるのだろうか―ナチズムや戦争責任などをめぐり日本と同様の問題を抱えてきたヨーロッパで、歴史認識の分断を越境するために積み重ねられてきた、博物館やテレビドラマ、歴史教科書などの公共史の試みを紹介し、その可能性を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information