言語変化という問題: 共時態、通時態、歴史

Front Cover
岩波書店, Nov 14, 2014 - 430 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「言語変化は諸言語の歴史におけることばの創造性の表れである」―コセリウ(1921‐2002)は、変化すること自体が言語の本質であり、変化することによって言語は言語であり続けると喝破した。ソシュールに始まる脱歴史の「科学主義」によって硬直した言語学を解放に導く挑戦の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information