大震災に学ぶ社会科学 第1巻 政治過程と政策

Front Cover
辻中 豊
東洋経済新報社, Apr 29, 2016 - Social Science - 371 pages
東日本大震災において、日本の政治はどのような決定を下したのか。決めるべきことを正しく決めたのか。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2016)

【編者】辻中 豊(ツジナカ ユタカ)
筑波大学人文社会系教授、筑波大学学長特別補佐
大阪大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得。京都大学博士(法学)。著書:『利益集団』(東京大学出版会、1988年)、『現代日本の市民社会・利益団体』(編著、木鐸社、2002年)、『現代韓国の市民社会・利益団体』(共編著、木鐸社、2004年)、『現代日本の自治会・町内会』(共著、木鐸社、2009年)、『現代社会集団の政治機能』(共編著、木鐸社、2010年)、『ローカル・ガバナンス』(共編著、木鐸社、2010年)、『政治学入門——公的決定の構造・アクター・状況』(放送大学教育振興協会、2012年)、『現代日本のNPO政治』(共編著、木鐸社、2012年)、『現代中国の市民社会・利益団体——比較の中の中国』(共編著、木鐸社、2014年)、Neighborhood Associations and Local Governance in Japan(R. J. Pekkanen、 H. Yamamotoとの共著、 Routledge、 2014年)、他。

Bibliographic information