アメリカのナボコフ: 塗りかえられた自画像

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2018 - 360 pages
新大陸に移住後、『ロリータ』によってスキャンダラスな形で知られたナボコフは、いかにアメリカの大作家へと上りつめたのか。芸術家、文学者へと意図的に自己イメージを操作しながら、亡命者から「世界文学」への道程を歩んでいった作家の姿を、本邦初公開となる膨大な新資料を通じて描きだし、従来のナボコフ像を一新する。図版多数。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information