パリの異邦人

Front Cover
中央公論新社, Mar 10, 2008 - 171 pages
ときにかろやか、ときに淫靡―触媒都市で起こった異邦人たちの「化学的変容」を、フランス文学者が概観する。20世紀フランスの「陰」と「陽」。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information