日米安保と事前協議制度: 「対等性」の維持装置

Front Cover
吉川弘文館, 2015 - Japan - 297 pages
日米安保条約改定時に成立した事前協議制度。核持ち込みや軍事行動の際、日本の発言権確保のため設けられたが、発動されることなく相互依存を深める装置となっていく。制度の全体像に迫り、日米安保の秘めた側面を暴く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information