中世寺院勢力論: 悪僧と大衆の時代

Front Cover
吉川弘文館, 2007 - Buddhism - 332 pages
中世寺院はいかにして社会性・政治性をもつに至ったのか。寺院内部の権力構造と、外部に行使された武力や呪力の要因・機能、支えた論理を解明。武力統制と秩序維持、平和機能の一端を担った中世寺院の歴史的意義を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information