戦争と平和, Volume 1

Front Cover
光文社, 2020 - 525 pages
始まりは1805年夏、ペテルブルグでの夜会。全ヨーロッパ秩序の再編を狙う独裁者ナポレオンとの戦争(祖国戦争)の時代を舞台に、ロシア貴族の興亡から大地に生きる農民にいたるまで、国難に立ち向かうロシアの人びとの姿を描いたトルストイの代表作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information