自我の源泉: 近代的アイデンティティの形成

Front Cover
名古屋大学出版会, 2010 - 696 pages
近代的アイデンティティの哲学的人間学により、その複雑さと豊かさ、偉大さと危うさを、隠れた道徳的立場とともに明らかにし、近代の真価を救出する。共同体主義・多文化主義で知られるテイラーの主著、待望の邦訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information