自由と調和を求めて: ベンサム時代の政治・経済思想

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2000 - 435 pages
本書は、経済思想史と政治思想史の2部からなり、1部では功利主義と名付けられてきた思想体系が、経済・経済対策に対していかなるスタンスを有してきたかという問題に迫り、2部では特にイングランドにおける政治思想を経済・社会思想との緊密な関連の中に置き、個別論点を掘削した論考を行う。ベンサムとスミス、そしてマルサス、オウエン―、18世紀ブリテンの「自由」と「調和」を探究した思想家たちに迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information