合理性の諸問題

Front Cover
春秋社, 2007 - 464 pages
デイヴィドソン哲学のふたつの柱「心および行為の哲学」と「言語哲学」を、円熟したわかりやすい筆致でさらに発展させ、「合理性」を鍵概念に、両分野を架橋する「統一理論」を構想。加えて、心の不合理さを見据え、合理性と不合理性はいかに両立できるかを探究する意欲的な論文14編。デイヴィドソンの半生と彼の哲学の成立過程を知ることができる貴重なインタヴューも収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information