国定忠治の時代: 読み書きと剣術

Front Cover
筑摩書房, 2012 - 286 pages
上州の博徒・国定忠治が生きた時代は、社会の大きな転換期でもあった。養蚕業の発展によりもたらされた富の蓄積が、文人結社・手習塾などの興隆や、女性たちの自立を促し、やがては世の中を動かす原動力ともなっていったのである。本書はそうした時代の庶民の息遣いを、豊富な古文書と丹念なフィールドワークをもとに描き出した意欲作といえる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information