古関裕而の昭和史: 国民を背負った作曲家

Front Cover
文藝春秋, 2020 - 302 pages
軍歌「露営の歌」、早稲田大学の「紺碧の空」、読売ジャイアンツの「闘魂こめて」、怪獣映画の「モスラの歌」、原爆鎮魂の歌「長崎の鐘」―ジャンルを超えていまも愛唱される5000曲はどのようにして生まれたのか。日本人の欲望に応え続けたヒットメーカー。連続テレビ小説「エール」のモデルになった80年の生涯。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information