Front Cover
よれよれの帽子に、疵だらけのバイオリン。富や名声に執着せず、ただ純粋な音色を求める男のもう一つの幸福(メルヴィル『バイオリン弾き』)。病身の娘マリアに向けた幾千もの薔薇の花...。小さな田舎町で過ごしたあの八週間は、ぼくにとって「特別な人生」だった(トラークル『夢の国』)。もし、あの時あの場所を離れずにいたら、私はどんな人間になっていただろう。故郷ニューヨークに戻った初老の男が、自らの人生にふたたび巡りあう物語(H・ジェイムズ『にぎやかな街角』)。豊かに時が重なりあう、海外作品三篇。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information