チェーホフ: 七分の絶望と三分の希望

Front Cover
講談社, Jan 25, 2016 - Authors, Russian - 381 pages
チェーホフとは何者だったのか?19世紀末ロシアで人間の本質を見つめ続けた冷徹なリアリストは、なぜ時空を超えた現代的な作家として愛されるのか?子供、ユダヤ人、オカルト、革命、女たち...。ロシア文学の第一人者が、世紀末を彩るモチーフをまじえ、最新研究をふまえて描く!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information