表現としての身体: メルロ=ポンティ哲学研究

Front Cover
春秋社, 1999 - 336 pages
デカルト・サルトルの哲学と対比しながら、メルロ=ポンティ哲学の全体像に自己の実存を賭けて迫る稀有の書。前・中期の諸テクストに徹底的に内在しつつ一人称単数で書かれた感性豊かな論考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information