赤と黒, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 1958 - 382 pages
ナポレオン没落後、武勲による立身の望みを失った貧しい青年ジュリアン・ソレルが、僧侶階級に身を投じ、その才智と美貌とで貴族階級に食い入って、野望のためにいかに戦いそして恋したか。率直で力強い性格をもったジュリアンという青年像を創出し、恋愛心理の複雑な葛藤を描ききったフランス心理小説の最高峰。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information