ヒヤリ・ハット事例に学ぶ糖尿病看護のリスクマネジメント

Front Cover
西東京臨床糖尿病研究会
医学書院, 2004 - 183 pages
本書では、「問題を顕在化し、対策を立てる」というノウハウをシステマティックに業務の中にいかす手段を提供している。P‐mSHELLモデルを用いて糖尿病領域の幅広いヒヤリ・ハット事例の解析を行い、具体的な対策にまで言及している。西東京地域の糖尿病関連医療スタッフの協力により、糖尿病領域に関しては大半のエラーのパターンを網羅することができた。したがって、本書で提示されている対策は、多くの医療現場でいかすことが可能である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information