フランスの解体?: もうひとつの国民国家論

Front Cover
人文書院, 1999 - 306 pages
「フランス・イデオロギー」とは何か。「人権」や「自由・平等・友愛」はフランス共和政の国家イデオロギーであった。フランス革命以降に形成された国民国家の諸装置や文明・文化概念は、68年の五月革命や89年以後のヨーロッパ統合=グローバル化の中で、どのような葛藤を経験し変容を迫られているか。ポスト国民国家の時代に向けた「フランス」の大胆な脱構築、衝撃のフランス論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information