前近代スペインのサンティアゴ巡礼: 比較巡礼史序説

Front Cover
流通経済大学出版会, 2019 - 226 pages
民衆にとって、巡礼や信仰はいかなる意味をもつのか。また、これをどう認識し実践してきたのか。本書は、巡礼と密接に関係する民衆信仰、シンクレティズム、「観光」、慈善をキーワードに、前近代スペインの巡礼を読み解こうとするものである。ユダヤ教、キリスト教、イスラームという三つの一神教の系譜関係、スペイン史と宗教の緊密な関係を意識して、スペインのムスリムとユダヤ人の巡礼についても言及する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information