マルクスに拠ってマルクスを編む: 久留間鮫造と『マルクス経済学レキシコン』

Front Cover
大月書店, 2003 - 222 pages
マルクスの厳密な解釈を基礎にした研究内容や方法において、わが国の経済学界に大きな影響を与えた久留間鮫造博士。彼はどのような人間であったのか。その仕事はどのようなものであったのか。晩年に精魂を傾けた『マルクス経済学レキシコン』というレンズを通して、その人となりと学問を浮きぼりにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information