海獣・呼ぶ植物・夢の死体: 初期幻視小説集

Front Cover
講談社, 2020 - 347 pages
「この人もう終わってるね?」―「終わるものか」ある日突然「私小説」の主人公が男から女になる。二十五歳でデビュー後、十年間本は出ず、八〇年代の片隅風呂なし四畳半送金あり、痛みと希死念慮をかかえた独居の歳月。不屈の思考と憧憬で紡いだ、幻の初期作品群。現在から過去を振り返る書下ろし「記憶カメラ」併録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information