技術者・学生のためのテクニカルライティング

Front Cover
共立出版, 2001 - 183 pages
ライティングは“書く”作業というよりは“考える”作業である。書く内容を分析し、材料を収集し、構想を練るという作業が書く前に必要になるからである。この“考える”作業を短時間で効果的におこなうことが、ライティングに上達するコツである。今回の改訂では、わかりやすいステップにわけてこの点を解説した。“書く”作業に関する章にも加筆し、内容を充実させた。さらに、パーソナルコンピュータ(パソコン)やインターネットの普及を考慮し、ライティングの道具としてこれらを使いこなすための解説も加えた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information