ベンサム

Front Cover
研究社, 2003 - 290 pages
「最大多数の最大幸福」「有益性の原理」「公益主義(utilitarianism)」などの有名な言葉は、ベンサムが法哲学者として、制定法のなかったイングランドにおいて民法・刑法すべてを含む法典の編纂を独力で構築しようとした、近代国家構想の原理であった。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information