働くということ: グローバル化と労働の新しい意味

Front Cover
中央公論新社, 2005 - Globalization - 198 pages
二〇世紀の終わりまでに、私たちはみな週五時間程度だけ働くようになっているだろう―。ケインズの八〇年前の予言は見事に外れた。先進諸国でも、経済競争力強化を理由に労働時間の短縮は進んでいない。グローバリゼーションが加速する中、所得の格差も急速に拡がりつつある。雇用機会や賃金において拡大する不平等に歯止めはかかるのか。半世紀にわたって「働くということ」の意味を問いつづけてきた思索の到達点。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information