世界精神マルクス: 1818‐1883

Front Cover
藤原書店, Jul 30, 2014 - 579 pages
“グローバリゼーション”とその問題性を予見していたのは、マルクスだけだった。そして今こそ、マルクスを冷静に、真剣に、有効に語ることが可能になった。その比類なき精神は、どのように生まれ、今も持続しているのか。マルクスの実像を描きえた、唯一の伝記。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information