討議倫理

Front Cover
法政大学出版局, 2005 - 303 pages
討議とは、討議倫理とは何か。了解と意志形成、正義と善は、いかにして実現されうるのか。カントとヘーゲルを問い直しつつ、道徳・実践理性・正義・公共性・人格の原理を論ずる。法の基礎としての倫理を追究してきたハーバーマスが、諸論争を通じて発展させた「討議倫理学」の全体像。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information