パリ、娼婦の館

Front Cover
角川学芸出版, Mar 25, 2010 - Paris (France) - 294 pages
19世紀のパリ。夜の闇にとける赤いネオンサインで男たちを誘う館があった。高級店スファンクスでの饗宴、どんな欲望も満たされる部屋で演じられた物語、20年代にメゾン・クローズを訪れていた日本人の姿―。娼婦の館と娼婦たちの世界に踏み込み、パリの夜の闇に迫る画期的な文化論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information