人が人を裁くということ

Front Cover
岩波書店, 2011 - Judicial error - 205 pages
我々は裁判の意味を誤解していないか。市民の司法参加が義務として捉えられる日本と、権利として理解される欧米。この違いは何によるのか。また、冤罪事件が繰り返されるのはなぜか。本書はそこから分析を進め、裁判という営みの本質に迫る。犯罪や責任、処罰についての我々の常識に挑み、人間という存在を見つめなおす根源的考察。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information