「香り」の科学: 匂いの正体からその効能まで

Front Cover
講談社, 2017 - Odors - 279 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
何千年も前から人類は香料を利用してきましたが、じつは匂いを感じるメカニズムやその正体は長い間謎に包まれていました。自然にはどんな香りが存在するのか?人は新しい香りをどのように作りだしてきたのか?アロマテラピー、香水、シャンプーや石鹸などの香りは、人体にどのような影響を与えるのか?香りの神秘を最新科学で解き明かします。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2017)

1948年、茨城県生まれ。1974年、東京工業大学大学院修了。ロンドン大学博士研究員、協和醗酵工業(株)東京研究所主任研究員、東海大学開発工学部教授、東海大学医学部教授、東海大学糖鎖科学研究所教授を経て、2016年より東海大学先進生命科学研究所所長。理学博士。現在のおもな研究課題は、コンピュータ科学を駆使した、より効果的で、より安全な医薬品の開発。さらに、人間のQOL向上につながる有用物質の探索・創製にも興味を持って研究活動を展開している。著書に『暗記しないで化学入門』『実践量子化学入門』『熱力学で理解する化学反応のしくみ』『分子レベルで見た薬の働き第2版』(いずれも講談社ブルーバックス)などがある。

Bibliographic information