有害コミック撲滅!: アメリカを変えた50年代「悪書」狩り

Front Cover
岩波書店, 2012 - 464 pages
一九五〇年代前半のアメリカで、暴力・流血・性的シーンが少年非行を助長するという主張に世論が同調し、「有害コミック」が一掃された。コミックブックの黄金時代は一気に終焉を迎え、九百人近い原作者や作画家たちが追放され、二度と復帰することはなかった。本書は、当時の関係者に取材し、何が起こったのかを詳細に裏づけた労作。日本の悪書追放運動との関連を考察する「訳者あとがき」を付す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information