迷走する民主主義

Front Cover
筑摩書房, 2016 - Democracy - 347 pages
戦後政治の根本的欠陥を清算するべく、民主党への政権交代はなされた。だが、政策の迷走や権力恣意的な運用により支持を失い、「改革の改治」は無残な結末へといたる。あとに残されたのは、自民党政権の圧倒的独走と、代表民主制への失望感だけだった―。政権交代とその後の政治はなぜ失敗したのか。その背景には、現代の世界的大変動のなかでデモクラシーが直面する困難がある。民主主義の意義と限界を思想的に問いなおし、日本政治の閉塞状況を打破するための条件を示す。

What people are saying - Write a review

Review: 迷走する民主主義 (ちくま新書)

User Review  - fudaidsec - Booklog

311.7||Mo Read full review

Bibliographic information