フランス植民地主義の歴史: 奴隷制廃止から植民地帝国の崩壊まで

Front Cover
人文書院, 2002 - 358 pages
植民地=文明化という論理の分析。V・シュルシェールら奴隷制廃止論者が熱心な植民地拡張論者だったのはなぜか。アルジェリア、西アフリカ、インドシナ、カリブ海に刻んだ150年間のフランス植民地主義の歴史を本国と関連させて辿り、第二次大戦後の民族独立戦争からクレオールの復権の意味までを視野に収めた意欲作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information